霧の郷たかはら 世界遺産・熊野古道巡りの宿

2015年
プロが選ぶ宿100選/選考審査員特別賞「日本の小宿」受賞
2015年
トリップアドバイザー ホテルアワード/旅館部門・国内15位
2016年
トリップアドバイザー ホテルアワード/旅館部門・国内5位

霧に包まれた天空からの絶景。
四季折々、表情豊かな熊野の自然。
ほっとするようなやさしい料理。
人との出会い、ぬくもり。

そこには言葉の壁もなく、
世界中から訪れる人の
心をやわらかく開放させる、
熊野古道にある天空の宿。

宿について

『霧の郷 たかはら』のこと。

標高320mの天空。
視界をさえぎるものが何もない里山に佇む、
熊野古道の宿『霧の郷 たかはら』。

独特の地形、気候が生み出す幻想的な風景。
空から見下ろす雲海の美しさに、
図らずも神々の姿を見ることができるでしょう。

オーガニックへの
こだわり。

建物に使われている木材や、
料理の食材、ワインやコーヒー豆まで、
たかはらはオーガニックにこだわります。
宿での滞在を通じて、身体と心を
やさしくいたわってくれる
自然の大きな力を感じてほしいと
思っています。

館内のご案内

国境も言葉の壁も、
ここにはない。

木と土の呼吸に包まれるぬくもりの館内に、時折吹く、
スペインの香り。それは言葉や音楽、厨房から漂う料理の
香りなど、いろいろ。
すべては宿のオーナー・小竹治安プロデュースによるもの。
日本国内からはもちろん、世界中の方が世界遺産・熊野古道の
歴史に触れるためこの地を訪れ、たかはらに宿泊します。
ここでは国も言葉も関係なく、ただ、リラックスした時間を
満喫していただきたい。
そんな想いで皆さまをお待ちしています。

憩いの空間、
「オープンテラス」。

昔から、熊野古道沿いに設けられる宿は、
訪れた参詣者をもてなす憩いの空間。
情報やサービスの提供、また交流の場でもありました。
今でもその志を継ぎ、どなたでも気軽に利用できる
オーナーが手作りしたオープンテラスを併設。
景色だけでなく、素敵な出会いがあなたを待っています。

宿泊以外のご利用について

  • 昼食
    絶景のレストランで味わう。

    宿泊だけでなく、昼食もご利用いただけます。虫や鳥の声がBGMとなるテラス付きのレストランでは、たかはら自慢の料理を素晴らしい景色と一緒に味わうことができます。

  • 日帰り入浴
    旅の疲れを温泉で優しく癒す。

    本宮温泉郷から「わたらせ温泉」の湯を用意。日帰り入浴もご利用いただけます。ここでも山の暮らしのアイデアを取り入れ、地元の間伐材を使った薪を焚き、お湯を沸かし ています。こうすることでお湯が丸くなり、肌当たりの良い温泉となります。

「WWOOF(ウーフ)」への取り組み

「WWOOF(ウーフ)」とは、労働力と引き換えに食事・宿泊場所を提供する仕組みのこと。
霧の郷たかはらではWWOOFを取り入れ、外国からのウーファー(お手伝いをする宿泊者)も多くやってきます。
宿の裏にある「アースバックハウス」。ウーファーたちはお手伝いをしながら、オーナー自ら土嚢を積み上げて築いたこの宿泊小屋で寝泊まりします。
高原の豊かな自然にふれること、お手伝いを通して地元の方々と交流すること。観光とは一味違った体験をできることが大きな魅力です。来訪者の口コミが新たな希望者を呼び、たかはらには世界各国からのウーファーが続々と訪れています。

お部屋・設備・サービス

“木の国”の
やさしさに触れる

お部屋は、その昔“木の国”とも呼ばれた
紀州の木材をふんだんにあしらいました。
室内にいながら、森林浴が楽しめる空間でリラックス。

各部屋には、小さなバルコニーを設置。
山々の連なりを眼下に望み、いつでも天空人気分で、
自然と一体になり、四季の移ろいを感じることができます。

館内の主な設備/サービスのご案内

  • バリアフリー対応のお部屋
  • Wi-Fi完備
    (ロビー、レストラン)
  • Bose Acoustic Wave Radio
    (客室内)
  • エスプレッソマシーン
    (客室内)
  • 荷物搬送サービスについて

    便利な荷物搬送サービスを行っております。
    宿での荷物の受け取り・発送が可能です。
    ご利用の際はスタッフまでお声がけください。

  • 【多言語対応】英語・スペイン語・中国語

    幅広い言語に対応しているので、海外の方にも、
    安心してご来館いただけます。
    世界遺産・熊野古道の案内などももちろんご相談に応じます。
    まずはお気軽にご連絡ください。

お料理について

地元の新鮮素材を
使った郷土料理。

美味しい料理との出会いも、
良い旅には欠かせないものです。

素材は地元の生産者から直接、朝摘み野菜や
とれたての川魚などが届けられます。

料理を振る舞うのは、頼もしい地元のお母さんたち。
突きだしからすべて手作りのやさしい味わいは、
たかはら自慢の“おふくろの味”です。

スペインの香りと味わいがたっぷり詰まった
創作料理も多彩にラインアップ。
四季折々、季節の味わいをお楽しみに。

宿周辺のロケーション

神々が棲む
祈りの聖地・熊野

熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の「熊野三山」。
そこに至る参詣道である「熊野古道」は、上皇から庶民までさまざまな人が歩き、
室町時代には“蟻の熊野詣”といわれるほど列をなしたといいます。

とりわけここ「中辺路(なかへち)」は、往時の面影を色濃く残す人気のエリア。

年々、世界中からの注目が高まる熊野の地。今も自然と人間の営みが創り出す
人類共有の財産として「世界遺産」に登録され、悠久の歴史を紡いでいます。

オーナー・小竹 治安(しの じあん)のこと

人間、好きやねんな。

『霧の郷 たかはら』の魅力は、
絶好のロケーション、ぬくもりある施設、美味しい料理…
だけではありません。

初めてでも何度目でも、どこの誰が来ても、言語によるコミュニケーションを超えた最高のホスピタリティで迎えてくれること。

訪れた人それぞれに合ったおもてなしを。

「笑ったり、喜んでくれたり。そうすると、自分の心が豊かになる。
人間、好きやねんな」
そんなオーナーがいるからこそ、できること。

オーナーを中心に自然と人の輪ができて、気付いたら、みんなが知り合い。
そんなあたたかく居心地のよい空間がいつも生まれています。

それも、『霧の郷 たかはら』に世界中から人が集まる理由のひとつです。

オーナープロフィール

和歌山県南牟婁郡白浜町出身。英国やスペインで青年期を過ごし、帰国後は様々な職を経て熊野古道・中辺路の宿『霧の郷 たかはら』のオーナーとなり、宿の立ち上げから運営まですべてを手がける。長期にわたる海外生活中、世界中の人々と交流して培われたグローバルな感覚が、宿のインテリアから料理、宿泊者とのコミュニケーションにいたるまで、大きく影響を与えている。
白浜地域の開発を手がけた実業家・小竹林二氏を祖父に持ち、地元白浜では明光タクシーの役員も務めている。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お名前
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容

交通アクセス

〈霧の郷たかはら〉〒646-1416 和歌山県田辺市中辺路町高原826 Tel/Fax 0739-64-1900

お車でお越しの場合 大阪方面より
  • 1. 阪和自動車道最終の「田辺IC」で降りる。
  • 2. 国道42号線を南下。
  • 3. 国道311号線に入り、高原に。
名古屋方面より
  • 1. 東名阪・伊勢自動車道「勢和多気IC」で降りる。
  • 2. 国道42号線にて三重県を南下。
  • 3. 新宮より国道311号線に入り、高原に。
電車・バスで
お越しの場合
大阪方面より
  • 1. JR「新大阪駅」または「天王寺駅」より、紀勢本線特急「スーパーくろしお」、「オーシャンアロー」にて「紀伊田辺駅」下車(約2時間5分)
  • 2. JR「紀伊田辺駅」より龍神バスに乗車し、バス停「滝尻」下車(約45分)。
    バス停より徒歩○○分。龍神バス公式サイト
名古屋方面より
  • 1. JR「名古屋駅」より「紀勢本線南紀号」にて「新宮駅」下車(約3時間)
  • 2. JR「新宮駅」より明光バスに乗車し、「栗栖川」または「滝尻」下車(約30分)。バス停より徒歩○○分。明光バス公式サイト

【参考リンク】 田辺市熊野ツーリズムビューロー